わかりやすい全訳『孫子の兵法書』その2:計篇1ー戦争ってなに?

2020年5月26日孫子の兵法書三国志, 三國志, 孫子

sonshi2

ゲーマーのための兵法書シリーズわかりやすい全訳『孫子の兵法書』」第2回は、『孫子の兵法書』13篇の最初である「計篇」をお届けします。前回の記事は以下のリンクから。

計篇の「」ってどういう意味ニャ?

計略」の「」ですね。

「計」は「計画」「計算」などの言葉でも使われますが、「さまざまなデータを考慮して答えを導き出す」という意味が含まれています。「見積もる」という意味でも使われますね。

ようはじっさいに行動を起こす前に、結果を考えておくということです。

いくさの基本ニャ。

本記事ですが、書き下し文などは表記せず、内容をわかりやすく伝える形での記述方式にしています。またわかりづらい部分は補足していきます。

それでは計篇を見ていきましょう。

 

戦争は国家の大事

孫子はいいました。

「戦争は国にとって重要なことです」

【追記】翻訳部分は四角で囲んでいます。

戦争が重要とか、反戦団体からクレームが来そうニャ。

それはまったく逆で、孫子の思想は、戦争をいかに避けるかの重要性を説いています。

戦争は国民にとっての生死の地であり、存亡の道でもあります。だからこそ、よくよく考えなければならないのです。

そのため、5つのことを経(はか)り、これを考慮するために計をもって、状況を判断する必要があります。

この5つですが、「道・天・地・将・法」です。

この5つをよく考えろということなのニャ。具体的にどんなことニャ?

それぞれ見ていきましょう。

「道」とは?

」は、為政者と国民とが心を合わせることのできる政治の在り方です。

そのような政治のもとでこそ、国民は安心しておそれることなく生死をともにすることができるのです。

自分勝手な政治をしていては、国民が安心して政府に従えないということニャ。

ゲームでも民の忠誠度が低かったら、反乱が起こってそもそも戦争どころではなくなりますしね。

 

「天」とは?

天」は、陰陽(天候の明暗、晴れや雨など)、寒暑(気温)、時節などです。

戦争をするには季節や時期も大切ニャ。ナポレオンやヒトラーは冬将軍の前に敗れ去ったニャ。

Paradox社の歴史戦略ゲーム『Europa Universalis IV』や『Hearts of Iron IV』などは天候の概念があるので、出兵時期によっては不利になることもあるでしょう。

信長の野望」シリーズや「三國志」シリーズでも、が降ったりするニャ。火縄銃が使えなくなったり、火計の火が消されたりするのニャ。

 

「地」とは?

」は、遠近(戦場が近いか遠いか)、険易(地形が険しいかどうか)、広狭(地形が広いか狭いか)、死生(地形を自由に活用できるかどうか)のことです。

戦場が遠ければ、当然それだけ兵糧が必要になりますし、兵も疲れてしまうでしょう。

地形が険しければ、攻め手はさらに苦しいことになります。は険しい山に守られていたことで、独立を保ちやすかったというのがありますね。

でも鄧艾が険しい地形を越えての奇襲をして成功したニャ。

そういうのは特殊な例ですし、それが特殊だからこそ奇襲として意味があったのです。賭けみたいなものですしね。

また地形が広いか狭いかも重要です。狭い地形に敵を誘い込んで一網打尽というのは、三国志でもよくありますね。

張飛もそれで張郃に勝ったニャ。狭い山道を使って、隊列の伸びた張郃軍を各個撃破したニャ。

張飛は長坂橋でも狭い地形を上手く利用していますね。

案外有能ニャ。

戦場の地形を上手く活用できるかどうかも重要です。敵の地で戦うと、地理に疎い攻め手は不利ですしね。

アウェイの洗礼ニャ。南蛮を攻めるのは大変そうニャ。

『三國志14』では「地利」という個性があり、自勢力に属する地域内では、自ユニットの全能力が上昇します。

それ以外にも「南蛮」「森戦」「山戦」「水戦」など、地形によって能力が上がる個性が用意されていますね。

地形を活かせるかどうかで、軍の能力は変わってくるでしょう。

 

「将」とは?

」に必要なものは、智・信・仁・勇・厳です。

」は、ようするに知力ですね。頭の良さは重要です。

」は、信頼できるかどうかですね。「三國志」シリーズでいえば魅力でしょう。

」は仁愛、人を慈しむ心です。これがないと部下に寝首を取られてしまいます。

張飛がそうだったニャ。

」は勇気や武勇です。ただし勇気と蛮勇は違います

負けを認めたり、撤退できるのも勇気ニャ。

」は威厳です。指揮官である以上、威厳がなければ部下は命令に従わないでしょう。

ただ偉そうにすることが威厳ではなく、部下から尊敬されるような行動や実績を積み上げていくことが、そのままその人物の威厳となっていきます。

偉そうなだけで中身からっぽじゃダメニャ。本当に威厳のある人は、偉そうにしなくても部下は従うニャ。

このような智・信・仁・勇・厳をそなえた人材がいることが、戦争をするうえでも重要になってくるでしょう。

いなかったらどうするニャ?

戦争をするべきではないですね。部下が全員劉禅レベルだったら、曹操相手に戦っても勝てないのは目に見えているでしょう。

 

「法」とは?

」は曲制(軍の編成などの法)・官道(官職に関する法)・主用(主軍に関する法)のことです。

法がきちんとしていなければ、軍は機能しません。またその場その場でころころ変わってしまっていては、兵士たちも不安になるでしょう。

おれが法律だ!」はだめなのニャ。

 

7計とまとめ

以上の「道・天・地・将・法」の5つは、将たる者はだれでも聞いたことがあります。

しかし理解度は全員違っていて、この5つを深く理解している者が勝ち、そうでない者は勝てません。

そのため、これらを以下に述べる7つの計と比べて、敵と味方の実際の戦力を見積もる必要があります。

1:君主は、敵と味方、どちらのほうが人心を得ているのか。

2:はどちらのほうが有能か。

3:天候や戦場はどちらにとって有利なのか。

4:はどちらのほうが守られているのか。

5:はどちらのほうが強いか。

6:士卒はどちらのほうがよく訓練されているか。

7:賞罰はどちらのほうが公明か。

これらをもって、戦争の勝敗を知ることができるのです。

これを「七計」といい、「道・天・地・将・法」の五事と合わせて「五事七計」といいます。

戦う前から勝敗は予測できるのニャ。

逆にいえば、こういうことを考えずに戦争をしてはいけないということですね。

今回はここまでです。「計篇」は1回で終わりませんでしたね。たぶん次回で終わるとは思います。

次回で終わらなかったら、「」が足りないということニャ。

↓次回出来ました。