『リトルウィッチノベタ』レビューと評価、感想ー美少女ダークソウル?

ゲーム評価アクション, レビュー, 美少女

Little Witch Nobeta

魔女のノベタが活躍する3Dアクションゲーム『リトルウィッチノベタ(Little Witch Nobeta)』。Pupuya Gamesが開発し、同社とSimonCreativeによって2020年6月24日にSteamで早期アクセス版が配信されました。

ダークソウルっぽいゲームといわれてるニャ。

コンセプトは近いですけど、プレイ感覚はだいぶ違う感じですね。

今回は本作のレビューと感想、評価をお届けします。

 

どんなゲーム?

本作は小さな魔女であるノベルを操り、ダンジョンを探索していく3Dアクションゲームです。

Steamのストアページでは「3Dアクションシューティングゲーム」とジャンル付けしていますね。

シューティングなのニャ。

シューティングというか、ようするに遠距離攻撃(=魔法)が中心となるアクションゲームです。

イラストは可愛いのですが、内容はけっこうハードなことから、「ダークソウル系」に分類するユーザーも多数見られます。

このイラストで、けっこう難度高いのニャ。

ローリング回避は当たり前として、タイミングよく魔法陣を張ってガードする、いわゆる「パリィ」のようなテクニックも駆使していかなくてはなりません。

また死ぬと戻されたり、ボス戦に数十分といった時間がかかったりなど、ある程度気合いを入れてプレイする必要があります。なめてかかると心を折られてしまう可能性も。

ただ難度自体はダークソウルほどハードではなく、最低難度であれば、頑張ればなんとかなったりします。

ゲーム中では、魔法は撃ちまくれるわけではなく、MPが尽きれば使えなくなります。

MPは回避やパリィなどで回復させることができますので、積極的に狙っていきましょう。というか、これができないと、ボス戦でつねにMP不足ということになるでしょう。

思ったよりもアクションスキルが必要になるゲームなのニャ。気軽に遊べるものかと思っていたニャ。

「アクションが苦手すぎる」という人にはきついかもしれませんが、ダークソウルほどの難しさはありませんので、そこそこアクションゲームが好きな人ならリトライでなんとかなるとは思います。

筆者的には、「入門版ダークソウル」という位置づけですね。これを機に、ダークソウルにも挑戦する人が増えるといいかと思います。

 

ユーザーの評価

本作のSteamでの評価ですが、「圧倒的に好評(98%、2546人中)」になっています。

めちゃめちゃ評価高いニャ。

評価人数も多いので、信用できる評価だとは思います。

本作の良かった点・悪かった点については以下のとおりです。

良かった点

・戦闘システムのバランスが良く、上手く作られている。

・主人公が可愛い。

・難しいことは難しいが、なんとかなるという絶妙な調整。

・リーズナブルな定価(990円)。

悪かった点

・マップがわかりづらい。

・ダンジョンのグラフィックがシンプル。

・全体的に説明不足な点が多い。

・ゲームのストーリー自体はオマケみたいなものになっている。せっかくの可愛い主人公なので、もっとしゃべたりしてほしい。

 

総評

本作は可愛い魔女が主人公ですが、ゲーム自体はある程度気合いを入れないとクリアは難しいかと思います。

とくにボス戦は初見殺ししてくるので、パターンを覚えて攻略していく必要があります。

死亡時は、「呪い」がなければペナルティはないので、どんどん死んでどんどん覚えていくという戦法もありでしょう。

まだ早期アクセスなので、今後が期待できる作品です。またストアページにはデモ版もありますので、気になる方はプレイしてみるといいかと思います。