Steam版『Observation』評価は「非常に好評」:SFスリラーADV【新作レビュー】日本語化可能

2020年5月25日

observation

宇宙を舞台にしたSFスリラーアドベンチャーゲーム『Observation』。No Codeが開発し、Devolver Digitalによって2020年5月22日にSteamで配信されました。日本語に対応しています。

Epic Gamesストア(EGS)で独占配信していたゲームニャ。

EGSでは2019年5月22日に配信されましたね。ちょうど一年の独占先行配信が終わったところです。国内PS4版も2019年9月5日に配信が始っています。

今回は本作のレビューと感想、評価をお届けします。前回のレビュー記事は以下のリンクから。

 

どんなゲーム?

動画名

本作は宇宙ステーションを舞台にしたスリラーアドベンチャーゲームです。

宇宙ステーション「Observation」で原因不明のトラブルが発生。プレイヤーは宇宙飛行士ではなく、AIの「S.A.M.」になって、クルーのエマ・フィッシャーとともに事件を解決します。

AIって、なにをするのニャ?

宇宙ステーション内のカメラを通して状況を把握したり、端末から情報を入手したりといったハッカー的なことですね。

そういうゲーム、インタラクティブ系のアドベンチャーゲームで昔からけっこうあるニャ。

内容的にはその手のゲームに近いですが、本作は基本的にはポイントクリック系のアドベンチャーゲームになっています。

また本作は2020年の英国アカデミー賞の「BRITISH GAME」を受賞しています。

名作っぽそうだニャ。

ストーリーはドキドキ感があっていいですね。

ゲーム自体はそれほど長くありませんが(途中の謎解きで詰まらなければ)、映画を一本見たと思えば値段的に高くはないでしょう。

現在、2020年5月29日まで50%OFFの1285円になっています。

 

ユーザーの評価

本作のSteamでの評価ですが、「非常に好評(80%、98人中)」になっています。

本作の良かった点・悪かった点については以下のとおりです。

良かった点

・先が気になるストーリー。

・声の演技がいい。

・ゆっくりと迫りくるスリル感。

・映画や小説を楽しんだような感動。

 

悪かった点

・SFの専門用語が多い。難解。

・次なにをすればいいのかわかりづらい。

・基本ノーヒント。

ストーリーの面白さや演技については多くの好評を得ています。

一方、分かりづらい部分や難解な部分、そもそもノーヒントなところなどで、進行に詰まってイライラする可能性もあります。

昔のアドベンチャーゲームってだいたいそんな感じニャ。クリアむずいのが多かったニャ。

本作はそこまで難しくはありませんが、詰まってしまうことがあるかもしれません。

 

総評

本作は、ハードSF(エイリアンなどが出てくるタイプではないもの)が好きな人には楽しめる作品になっています。

ストーリーも単純なビックリ系ホラーではなく、静かな宇宙ステーションの中で引き起こされる謎を解いていくといったものです。

パズルなどわかりづらい部分も多々ありますが、クリアできないほどではないので、根気よく調べればなんとかなります。

古典SFファンには遊んでほしい作品です。