「HUMBLE CHOICE」1月、おすすめはどれ?ゲーム評価【2021年】

バンドル・セールHumble_Choice

HC-202101

HUMBLE CHOICE』2021年1月分配信されました。前回の12月分についてはこのリンクを、Humble Choice自体について知りたい方はこのリンクを参照してください。

前回と比べて、かなり厳しい内容になってるのニャ。

日本語対応していないゲームも多いですし、日本受けしなさそうなマイナーなゲームも多いですしね。

ゲームの定額サービスが本格化していくと、HUMBLE CHOICEの存続自体が厳しくなっていくのではないかと思います。

マイクロソフトの定額サービスは、いまだったら『ドラクエ11』が100円で遊べるのニャ。

一度遊んだゲームはもう遊ばないという人は、定額サービスを利用したほうがいいかもしれませんね。

とりあえず今月のゲームを見ていきましょう。先月と同じく、12本全部もらうことができます。

昔みたいに「10本選べ」みたいなことがやりづらくなってるのニャ。

 

1月の配信ゲーム(12本)

今回配信のゲームは以下の12本になります。

・PC BUILDING SIMULATOR
・ANCESTORS: THE HUMANKIND ODYSSEY
・PATHOLOGIC 2
・WARHAMMER: CHAOSBANE
・TOTAL TANK SIMULATOR
・SONG OF HORROR COMPLETE EDITION
・NOT TONIGHT
・VAMPIRE: THE MASQUERADE – SHADOWS OF NEW YORK
・TALES OF THE NEON SEA
・MINORIA
・DELEVELED
・THE AMBASSADOR: FRACTURED TIMELINES

名前だけ並べると、なんだかよくわからないのニャ。

この中で遊べそうなものですが、自作PCが好きな方は『PC BUILDING SIMULATOR』が良いですね。PCパーツを組み立てて、自分好みのPCを造ることができます。興味のない方には全然面白くないかもしれませんが。

ガチのシミュレータなのニャ。

あと人類の歴史を追体験できる『ANCESTORS: THE HUMANKIND ODYSSEY』もそこそこ楽しめます。猿から始まって、どうやって物を作っていくかを自分で試行錯誤していく内容です。日本語にも対応しています。

ハクスラ好きな人は『WARHAMMER: CHAOSBANE』がいいでしょう。要は『ディアブロ』みたいなゲームですね。4人までの協力プレイもできます。

『Momodora』っぽいメトロイドヴァニアゲーム『MINORIA』も日本語対応しています。昔クリアしましたが、けっこう死にやすいゲームなので、忍耐力が必要ですね。『Momodora』とどっちがいいかなら、『Momodora』を遊んだほうがいいかと思います

今回の目玉はこれぐらいかなとは思います。あとは好みでといったところですね。

 

まとめ

先月に日本ゲーマー向けのゲームが多かったことから、今月は内容的に厳しいかなという気はします。

ただ値段的にはお得だとは思いますので、欲しいゲームが3~4本あったら購入してもいいとは思います。

無敵を誇っていたHumbleも、そろそろ翳りが見えてきたのニャ。

やはり他のゲーム定額サービスとの競争になってしまいますからね。

今後の動向を見守っていきたいと思います。

Humble Choiceストアページリンク