「HUMBLE CHOICE」6月は買い?おすすめはどれ?ゲーム評価【2021年】

バンドル・セールHumble_Choice, セールおすすめ

humble202106

HUMBLE CHOICE』2021年6月分配信されました。前回の5月分についてはこのリンクを、Humble Choice自体について知りたい方はこのリンクを参照してください。

ちょっといまさら感のある『シヴィライゼーションVI』ニャ。

プラチナ・エディションのほうなので、拡張DLC2つとそれ以外のDLC6つが入っています。

しかしこのゲームは、欲しい人はすでに購入してるとは思いますので、たしかにいまさら感はありますね。

そもそもEpic Gamesストアで無料配布されてたニャ。

それとこれまで「おすすめのゲームはどれ?」みたいな記事タイトルでしたが、そもそも12本全部選べてしまう現状、「HUMBLE CHOICE」の意味が薄れてしまっていますね。

CHOICEってなんぞやニャ。

とりあえずゲームを見ていき、買いかどうかの判断をしていきましょう。

 

6月配信ゲーム(12本)

6月の12本は以下のとおりです。

SID MEIER’S CIVILIZATION® VI PLATINUM EDITION
SECRET NEIGHBOR
STUBBS THE ZOMBIE IN REBEL WITHOUT A PULSE
WORMS RUMBLE + LEGENDS PACK DLC
GOING UNDER
PANZER PALADIN
MILKY WAY PRINCE – THE VAMPIRE STAR
DESOLATE
IKENFELL
PAW PAW PAW
EFFIE
DISJUNCTION

『シヴィライゼーションVI』以外は、正直微妙ニャ。

まず『シヴィライゼーションVI』のプラチナ・エディションですが、定価は19,290円します。

これが1000円台で買えるのなら、かなりお得といえるでしょう。

ちなみに新シーズンパスである「ニューフロンティアパス」は含まれませんので、注意してください。

『シヴィライゼーションVI』を持っていない人にはいいかもしれないニャ。

それ以外のゲームなのですが、たしかに微妙なのが多いですね。

SECRET NEIGHBOR』はいわゆる非対称人狼ゲームでして、オンラインプレイ前提です。『Among US』とかが好きな人にはいいですが、そもそもオンライン対戦やらないという人にはおすすめできません。

Going Under』はローグライクアクションゲームです。オフィスを舞台に、ノートPCやらなんやらそのへんに落ちているものを使って戦います。一風変わったローグライクがプレイした人はどうぞ。

PANZER PALADIN』はファミコン風ドット絵の、80年代ロボットアニメ調アクションゲームです。ファミコン世代の人には楽しめるかもしれません。

DESOLATE』は一人称視点の、ロシアが舞台のオープンワールドサバイバルホラーですね。『S.T.A.L.K.E.R.』と『Dead Island 』を足したような内容なので、それらが好きな人にはいいかと思います。4人までCOOPできます。

Paw Paw Paw』はケモノが戦う横スクロールアクションRPGです。『キャッスルクラッシャーズ』が好きだった人にはいいかなとは思います。

Disjunction』は『ホットラインマイアミ』系のステルスアクションゲームです。そういうのが好きな人ならといったところかと。

 

まとめ

今回は完全に『シヴィライゼーションVI』が欲しいかどうかで判断したほうがいいでしょう。

プラチナ・エディションは2万円近い価格なので、値段的にはかなりお得かと思います。これから『シヴィライゼーションVI』をプレイする人には、最適なバンドルかと。

それ以外のゲームは小ぶりなものが多いので、3~4個欲しいのがあればといったところかと思います。

Humble Choiceストアページリンク