『信長の野望・新生』武将能力:石田三成の評価は?【武将評価シリーズ・その12】

2022年8月12日武将能力評価信長の野望, 信長の野望・新生武将評価シリーズ

mitunari isida

『信長の野望・新生』武将評価シリーズ第12回目は、「関ヶ原の戦い」で西軍を指揮した石田三成(いしだみつなり)です。

みっちゃん」の愛称で有名な人ニャ。

その愛称が有名かどうかは知りませんが、能力を見ていきましょう。前回の島津義弘は以下のリンクから。

 

人物について

石田三成は永禄3年(1560年)、石田正継の次男として生まれました。幼名は佐吉です。

幼い頃の有名なエピソードとしては、「三献の茶」があります。

豊臣秀吉が鷹狩の帰りに、大原観音寺に立ち寄ったとき、寺の小僧をしていた光成がお茶を出しました。

初めのお茶は大きめの茶碗にぬるめの茶を、次は普通の茶碗に少し熱い茶を、最後は小さな茶碗に熱いお茶を出したのです。

段階的にお茶を熱くした三成の心意気に感心した秀吉は、三成を家来にしました。

ただこの話は、後世にできた逸話ともされています。

それでも有名な話なのニャ。

一般的に文官のイメージが強い三成ですが、秀吉の中国攻めや「賤ヶ岳の戦い」「小牧・長久手の戦い」にも従軍しています。

天正14年(1586年)、名将として知られる左近清興)に対し、知行の半分を与えて召し抱えたという逸話があります。

秀吉から堺奉行に任じられたときには、堺を従属させ、兵站としての機能を整えていきました。秀吉の九州攻めが成功したのは、三成の兵站運用が優れていたからともいわれます。また「太閤検地」の指揮もとっていました。

後方支援に定評があるのニャ。

秀吉の小田原城征伐のときには、忍城の攻撃を命じられます。三成は城を水攻めしたものの戦闘が長引き、けっきょく小田原城のほうが先に陥落してしまいました。

映画「のぼうの城」の話ニャ。

この映画で、城を守っていた成田氏長が有名になりましたね。

秀吉の朝鮮出兵においては、三成は「朝鮮総奉行」に任じられます。いくさの長期化によって、明との講和を進めたりと独断をおこなっていたことから、武闘派の加藤清正らとの衝突につながります。

豊臣秀吉の死後、権力争いで徳川家康との対立が激化していきます。

やがて、家康の率いる東軍と、三成の率いる西軍との「関ヶ原の戦い」が勃発。いくさには敗れ、三成は捕縛されたのち、六条河原で斬首されました。享年41歳でした。

めちゃめちゃ若いのニャ。かなり早熟な人物だったのニャ。

出世がかなり早く、三十代で佐和山城の城主になっていますしね。そのため、

石田三成の身に余る物は2つある。島左近と佐和山城

ともいわれていました。

ただ佐和山城の民には直訴を許し、年貢も公平に取り立てたことで、慕われていました。

領民思いの城主だったのニャ。

 

基本ステータスについて

統率:70
武勇:61
知略:77
政務:98
主義:中道

戦闘向きではないのニャ。

戦場で戦うには、他の大大名と比べるとかなり劣りますね。

ただ政務は98と、信長の100に次ぐ高さになっています。これと並ぶのは家康(政務98)だけです。

文官タイプの武将と言えるでしょう。

ちなみに「天道」「革新」あたりは、統率50前後、武勇20前後とかなり低かったです。

むしろいまの数字は評価されているのニャ。

 

戦法・特性について

(戦法)
混乱:敵部隊に混乱付与。

(特性)
作事:城下施設の建設効率上昇。

修繕:所属城の耐久自然回復量上昇。

能吏:街道に関する具申が可能。

特性はすべて内政能力ニャ。

「有能な内政官」というのを強調した形になっていますね。

部下にしたら内政で活かしていくのがいいでしょう。

 

総評

三成は内政向きの武将です。

作事」「修繕」「能吏」といった内政スピードアップ能力を持っていますので、うまく配置していきましょう。

戦闘のほうは一級武将に比べれば劣りますが、統率・武勇・知略は60~70台ありますので、普通には戦えるでしょう。

有能な内政官というキャラ付けなのニャ。

次回は今川義元です。【追記】次回出来ました。以下のリンクから。